i-Link(IEEE1394)接続でDVテープの映像を動画ファイルにする(後編)

こんばんは! Benです。前回に引き続き、古いビデオカメラで撮ったDVテープの映像を動画ファイルでPCに保存する方法をノートします。

20170702a.jpg
まずは前回レコーダーで取り込んだモノ(番組扱いです)をDVDに焼きます。は以前職場の人からもらったDVD-RWを使用しました。DVDを入れてリモコンのスタートメニューからダビングするかんたんダビングを選択します。かんたんダビングではディスクのフォーマットも自動でやってくれた気がしますが、やってくれないときはブルーレイ(BD)/DVD→DVD管理→ディスクのフォーマットから行きます。ちなみにはVR方式でフォーマットしましたがビデオ方式でも構いません。おそらくフォーマットしないとビデオ方式になると思います。

20170702c.jpg
前回取り込んだものを必要な部分を選択します。複数選択するときはリモコンの青ボタンが便利です。のちに編集ソフトとかシーンの切り貼りをしない場合はここでしっかり1本の映像になるよう構成を整えましょう。ちなみにプリキュアのタブがありますが、ではなく娘のなので誤解なきよう(^^;

20170702d.jpg
映像の選択が終わったら、ダビングへと進みます。ダビングはすぐにするか、電源オフ後に始めるか選択できます。はすぐに始めました。本機では1時間の映像に30分くらいかな。

20170702b.jpg
次にDVDからPCに取り込みます。使用したのはパイオニアのBDドライブです。USB接続で2本差し給電でバスパワー駆動のモノです。BDも焼けて当時で数千円だったと思います。この段階で特にビデオ方式だと普通にDVDビデオとして再生できると思います。

20170702e.jpg
VR方式で保存した時のファイル構成です。この中のVROという拡張子のモノが動画そのものです。少なくともが使用しているブルーレイレコーダーパナソニックDMR-BW870だとMPEG2規格になっているので、これをデスクトップとかにコピーして、拡張子をmpgに変えるだけでOKです。また、DVDとしてチャプターなども認識させるときにはIFOファイルをそれに対応したソフトに読み込ませます。

20170702f.jpg
ご覧のように普通にビデオを見ることができます。画質はレコーダー任せなのでそれなりですが、ミニDVテープでビデオカメラ本体の解像度からすると十分でしょう。追加でお金を必要としないのが何よりです。ちなみには、ここからトリミング程度の編集を加えたりしています。また、まれになぜかコピーガードのようなものが勝手にかかっていることがあるので、この場合は除去ソフトで外しています。

これを使って50本以上あったテープの動画ファイル化作業を休日の合間を見てチマチマ進め、残り10本程度かな? シーンごとにファイルにまとめると、これまで複数のテープにまたがったり、テープの途中からだったりしてほとんど見ていない映像にも出くわし「懐かしい!」と感慨深げになることも…参考になれば幸いです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451446440
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック