プルーンの収穫と糖度の測定

ITとは全く関係ないm(_ _)m我が家のプルーンの収穫と糖度計による糖度測定です。以前に開花宣言をした甘い品種のスイートサンですが、今年も無事に実を付けました。

20161023a.jpg
去年は300個ほど穫れましたが今年は何と千個超え。ただ、生らせ過ぎたためか寒暖の差が小さかったためか、今年のプルーンはあまり甘くない感じでした。実際に糖度は何度だろう?ということで前々から欲しかった糖度計を購入。

デジタル糖度計は2万円以上で厳しいので屈折式の安いのに。3千円で買えました。ケースは安っぽさは気にしないにしても、開け口がすごく固くてはじめどこからどうやって開けるかわからなく壊れるかと思いました。

20161023c.png
中身は本体とスポイト、プリズム面を拭く柔らかい布と調整用ドライバーです。スポンジの裏に簡単な説明書もついています。使い方は果汁を数的プリズム面に垂らして蓋をして空とか明るいほうに向けて覗くだけです。はじめ、フタが少しずれていてプリズム面に平行になりませんでしたが、ちょっといじったら直りました。

20161023d.png
ご覧のように白い面と青い面の境界線のメモリを読み取ります。ご覧のは19度でやはり本来の20度超えとはいってません。大体のものが20度弱くらいでした。はじめに蒸留水(我が家にないので浄水器の浄水で代用)でちゃんとゼロになるかゼロ補正をします。合ってないときは調整ネジで合わせます。

20161023e.png
収穫しているうちに上のほうに生っているのにとても甘いのが。早速計ってみると24度! スイートサンの説明書きには糖度20~22度なので合格です。近所や実家、友人、職場に広くおすそ分けできました。頑張った樹にはお礼肥をたっぷり上げて、冬に剪定して来年も期待ですね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック