Xperia X performance SO-04Hのアラームの設定方法

おはようございます! Benです。 以前のノートでマナーモードの設定をサイレントモードにするとアラームも鳴りませんよ!と警告が出たのを思い出し、そういえばアラームも前機種のSO-02Fから変えたなあ、ということで参考までにノートします。

20160817a.png
前機種は付属のアラームが思い通りに細かく設定できなかったので、フリーの目覚ましソフトを使用していました。でも、今回のSO-04Hではそれなりに細かく設定できるのと、マナーモードと連動してるので目覚ましが鳴らない恐怖がなさそうなことから、付属のアラームをそのまま使用しています。設定は普通にウィジェットをタップで行けます。

20160817b.png
タップするとご覧の画面が出ます。既存のアラームがある場合はそれをタップすると編集モードに、新規追加は+をタップして設定に入ります。

20160817d.png
いずれにしてもご覧の設定画面が出ます。鳴動時刻は必須。繰り返しは曜日で設定します。月~金だとご覧のように「平日」と表示されます。残念ながら以前使っていたフリーソフトのような祭日設定はないです。平日にしていましたが、今年からできた山の日はしっかりと鳴動しました(^^; そのほかアラーム音や音量、スヌーズの時間、鳴動時間などを設定できます。

20160817d1.png
時刻の設定はご覧の時計が現れるので、まずは時をタップ、続いて分をタップして設定します。午後は内側の21とかをタップして設定します。

20160817e.png
実際の鳴動画面です。上のスヌーズをタップすると設定された時間経過後、再度鳴動します。下のスライドして停止で左の目覚まし時計アイコンを右までスライドさせて離すと目覚ましが完全に停止します。

20160817f.png
せっかくなので同じ画面で上のアイコンを選択すると世界時計になります。はJapanオンリーなのですが、世界で活躍する人には便利かな? もちろん新しい地点の登録もできます。

20160817g.png
その横はストップウォッチです。普通に秒数も計れますし、スタートするとご覧のリセットボタンがラップボタンに変わってラップタイムも計れます。最早や最遅ラップも表示されます。

20160817h.png
さらに、タイマーまでついています。便利な世の中になりました。電卓などの作業も全てスマホ。電話で何でもできる恐ろしい世の中になりましたが、便利なことはいいことです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック