楽天銀行の偽装サイトにご用心

こんにちは! Benです。昨晩、メールをチェックしていたら、うちの娘の小遣い口座がある楽天銀行からメールが届きました。以前とは異なる新手のフィッシング詐欺のようです。
20160730a.PNG



【重要】 楽天銀行を偽装したサイトへの誘導にご注意ください
平素より楽天銀行をご利用いただき、ありがとうございます。
お客さまのPCがマルウェアに感染し、当行をはじめとする各銀行の偽装サイトに誘導される、という事象が発生しています。
【発生した事象】   
1) マルウェアに感染したPCでGoogleにアクセスすると、金融監督庁を騙った不審なポップアップが表示。
2) 不審なポップアップには8行の金融機関が表示されており、各行の部分をクリックすると、その銀行の偽装サイトに誘導される。
お客さまにおかれましては、アクセスしたウェブサイトのアドレスを必ずご確認くださいますよう、お願いいたします。
文面を見るに、ご覧の被害にあう人は既に何かしらのマルウェアに感染しているようです。8行ということで他に7つの銀行もリストに出てくるようです。ちなみにこれまでこのブログで扱ってきた銀行系フィッシング詐欺は9行です。完璧なセキュリティは無理にしても、セキュリティソフトを活用して被害防止に努めたいですね。

20160730b.PNG
蛇足ながら最近はセキュリティの効率化なのかGoogle先生のようにサイト全体暗号化が進んでいるようですが、楽天もhttpなので通常通信、銀行系はまだ少ないようです。この楽天銀行のページは大丈夫ですが、フィッシング詐欺メールの場合リンクの青色下線文字のリンク文字のアドレスと実際のリンク先のアドレスが異なる場合も多々見受けられますので、クリックする前にマウスオーバーしてステータスバーに表示されるリンク先をチェックしましょう。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック