Xperia SO-04Hの指紋認証を実用性はいかに

こんにちは! Benです。前回のノートで先月新発売したスマホXperia X Performance SO-04Hのマナーモードについてノートしましたが、この機種を選んだ理由の一つが電源ボタンに仕込まれた指紋センサーによるワンアクション認証です。電源ボタンを押す動作で指紋認証を行いロックが解除するという便利な機能を検証してみました。

20160708a.png
本機種の電源ボタンは右側側面中央部にあります。ボタンがそのまま指紋センサーになっています。ただ、この機能を搭載した旧機種では指紋認証精度が悪く使えないとの厳しい意見もあるようです。

20160708b.png
そこで本機種を試してみました。電源ボタンの位置から、左手で操作するときは人差し指か中指、右手片方持ちは親指、両方持ちは人差し指を利用することが多いと思います。は左手の人差し指と右手の親指を登録しました。

20160708c.png
登録の仕方にもよりますが、認識されませんでしたと表示されることもあります。特に水分で指が濡れているときなどは認識率が低下します。あとは指をあてる角度なども結構影響します。

20160708d.png
何回か失敗するとご覧のように、所定の回数以上間違えました。しばらくしてからもう一度お試しくださいとのメッセージが出ます。間違いではなく認証できなかっただけなのですが(^^; この場合少しの間待つか、パスワードを入れるかすると使えるようになります。普通に使っていても、急にセキュリティ向上のためにパスワードの入力を求められることがあります。パスワードは指紋認証失敗の時にも必要なので、常に覚えておく必要があります。

20160708e.png
dアカウントにログインするときにも指紋認証は使えます。あらかじめ登録すれば電源ボタンに指をあてがうだけでIDもパスワードも入力することなくログインが完了します。たまにどうしてもうまく認証できないときもありますが、実用を妨げるほどの頻度ではありません。半分はワンアクションで、残りも指をあて直してるとロック解除されるので、除現段階でも便利に使えてます。

職場の取引先とかの情報も入っているので、持ち忘れたり落としたりしたときの情報漏洩を考えると、このくらいの作業だったら楽だと思います。この認証成功確率は指紋の登録の仕方で結構変わるようです。次回が行った登録方法と認証スピードについてノートします。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック