ブヨに刺されたときの対処法いろいろ

おはようございます。Benです。キャンプや釣りなどで大自然を満喫しているとき、ちくっと痛みが走り、血が出ているときはブヨかもしれません。その後丸一日経過するとパンパンに腫れ、猛烈なかゆみと痛みに襲われるブヨに一昨日やられました。そこで自分なりの対策をノートします。

20160621a.png
ブヨは正式にはブユと言います。呼び名としてブトヤムラ虫もあります。蚊のように刺すのではなく、皮膚を咬み切って出てきた血を吸います。なのでチクッと痛んで血が出ます。このときに唾液中の毒素が体内に入るのが厄介。蚊もそうですが、少しだったら血はあげるから毒を入れるな! といいたいです。

まず咬まれた直後限定で一番被害を軽減できるのが①傷口から血を絞り出すです。これで直接毒素を排出します。次は43℃以上で火傷しない程度の熱いお湯に30分程度浸して毒素を不活化することです。ゆで卵になるように毒を熱で変性させようというものです。これは個人差がありますが、加熱中は不快でも終わってからのかゆみが軽減されます。最後にしっかり冷やして薬を塗るです。


薬はステロイド配合がおすすめ。ステロイドは副作用が怖いイメージですが、虫刺されには短期間だし強い薬で一気に治したほうがいいようです。病院ではリンデロンVGがよく出ますが、市販薬ではムヒアルファEXが虫刺され用でステロイド配合のが知る限りの最強薬です。また、主に皮膚炎用で清涼感はないですが、リンデロンVGと同じストロングクラスのステロイド配合のフルコートFもおすすめ。でもひどいときは皮膚科に行きましょう。虫刺されくらいで病院? いえいえブユ刺咬症という症名があるくらいです。ステロイド外用薬のほか場合によっては抗ヒスタミン内服薬なども処方されます。

20160220a.png
が以前咬まれたときの画像ですが、腫れが収まらず、赤い炎症部分がリンパ管に沿って流れ、リンパ管炎になりそうなので病院行きです。元々ヒスタミン耐性が弱いですが、今回は上記の対策を徹底したためか病院は不要かな。ブユは元来、清流などの水がきれいなところにしかいないのですが、のところは裏庭の近くに用水路があるので、そこで育っているようです。住宅地なのにブユ。田舎は恐るべし。次回は予防編をノートします。ITと全く関係がなくてごめんなさいm(__)m

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック