機種変で残った古いスマホでLINEをやってみた

こんにちは! Benです。今や使っているのが当たり前なLINEですが、は必要性も感じず某隣国製なので敬遠してきました。しかし、娘が部活で使うとのことで株式上場を信じて家族でも使ってみることに。

20160618a.png
娘用に近々タブレットを買う予定ですが、が今月下旬発売のに機種変予定で、同時購入5千円割引を狙うので、まずは古い旧機種を再利用。機種はDocomoのSH-02Eで3年以上前のモデルです。携帯電話の電波を使用するモバイルネットワークはSIMカードが無効なので使えません。なのでインターネット通信はWiFiですね。

20160618b.png
SIMカードがなくてもWEBはもちろんアプリもほぼ使え、カメラもワンセグもOKです。LINEをダウンロードするためにGoogle Playにアクセスし、Googleアカウントでログインしダウンロードしました。起動してまずは新規登録です。

20160618c.png
電話番号で認証しようとしますが、現機種とダブるのでFaceBookでログインすることにしました。

20160618d.png
FaceBookアカウントは持っていないので新たに作りました。メールアドレスはBiglobeの5つまで無料という家族会員を利用して得たものです。入力するとfacebookmail.comドメインのアドレスからFacebookの登録を完了しようメールが届きその中の認証コードをWEB登録画面のテキストボックスに入力して完了です。

20160618e.png
続いて、LINEの認証です。同じようにline.meドメインのアドレスから認証番号が書いたメールが届くので、それを入力して完了。WiFi内だけですが機種変後の旧機種でもLINEができました。念のためメールも電話帳も全て消し、不要なソフトをアンインストールして娘に渡しました。

20160618f.png
しかし、のスマホでアクシデントが。FaceBookでなく電話番号で認証をしたら、知らないうちに電話帳の一部の人が勝手に友達登録されました 勝手に登録される対策として事前に調べ、電話帳などを自動で登録する友だち自動追加と、逆に自分が相手に登録される友だちへの追加を許可の2つをオフにすればいいとのこと。しかし、その画面すら出てこない。登録後にはご覧の設定画面で変えられますがもう遅い。後でさらに調べたところ、電話番号認証は最近のバージョンは有無を言わさず自動登録させられるそうです。その結果が連絡先登録している相手で、後者の設定をオンのままにしていた人が勝手に友だちに登録されたようです。通知が行った人に後で謝らないと… 結局、アカウント削除してFaceBookから登録し直しました。「設定さえ間違わなければ怖くないよ」と書いている人もいますが、LINEはやっぱり怖いですね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック