網膜剥離で入院

おはようございます。Benです。実はこの2週間の間に我が子と母親が立て続けで入院しててんてこ舞いです。これまたITとは全く関係ない管理人の戯言ですが、同じ病気になった人とその家族に少しでも参考になればと思いノートします。

20160602b.png
今回は今もまだ入院している母についてです。病気の場所は御覧のとおり目。網膜剥離でした。もとから眼底出血や飛蚊症など自覚症状はあったのですが、2日ほど入浴の後に必ずくる眼底出血が消えないとのことで近所の眼科を受診したら、すぐに大病院への紹介状をもらって入院です。「もっと早く来なさい」と言われたとか…
20160602a.jpg
網膜は、レンズで屈折させた光を眼球の一番奥で神経刺激として感じる器官です。網膜剥離はそこがはがれてきて、視野欠損や飛蚊症、光が走ったりする症状のほか、はがれている部分とはがれていない部分の境目が裂けて出血することもあります。今回もまさにそんな感じで、風呂に入って血行が良くなる度に眼底出血していたようです。

入院の翌日に手術です。手術前前には5~20分おきに看護師さんが目薬をさしにやってきます。炎症を抑えるものと手術しやすくするために瞳孔を開く目薬です。9時前からずっとそれが続き、手術室に入ったのが10時半、1時間半の手術でした。手術の最大の特徴は、眼底に網膜を押し付けてくっつけるためにガスを眼球内に充填したことです。目の奥の網膜に軽いガスで網膜を押し当てるためには地球の重力を考えると、下を向き続ける必要があります。網膜がくっつくまで1週間もずっと。でもこれをしっかりやるかどうかでのちの回復度合いに差が出るとのこと。手術ついでに白内障も処置しました。

20160602c.gif
ご飯は手術前後1回は抜きますがほとんど普通に食べられて、点滴も手術中のみ。局所麻酔なのでトイレも普通。ただ、歩くのは1m手前の地面を見ながら、ご飯も斜め下を見ながら、寝るときも逆U字の枕で額と頬で顔を支えて目に体重がかからないようにと、本人談でこれはかなり大変とか。備え付けのテレビも見れないので、イヤホンを挿すだけで聴けるラジオを勧めました。これが結構よかったようです。しかも無料。

1週間たち、網膜も順調なので横向き寝が許可され、ようやく下向き生活から解放されかなり元気になりました。ガスが完全に抜けていないので上はまだ向けないですが順調とか。明後日退院予定で入院期間は13日。退院後検診が1回あるようですが、順調にいってほしいものです。当たり前ですが、健康が一番ですね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック