スロージューサーの毎回のお手入れは簡単?

20160526j.jpg

おはようございます。Benです。前回、健康のためとジューサー購入計画を立て、吟味の末クビンスのホールスロージューサーKuvings JSG-121を購入しました。スロージューサーなので、高速のジューサーに比べて栄養分が摩擦熱で壊れにくい成分が分離しにくいなどのメリットがあります。今回はこういう家電で陰ながら重要な使用後の片付けについてノートします。

20160527a.jpg
今回は丁寧に書くので作業が多いように見えますが、慣れれば全体で2、3分です。まず上部の容器をスライドしてロックを外します。

20160527b.jpg
するとご覧のように上部が外れます。

20160527c.jpg
次に残りのユニットを本体から根こそぎ取り外します。

20160527d.jpg
そうするとこのブレードが外れます。これは重くてごついのですが、高速ジューサーのような鋭い歯は全くありません。指を切る心配はないです。

20160527e.jpg
ブレードを水洗いして乾かします。材料は油分が含まれないので水洗いだけできれいになります。油分を含むものを用いたり、油汚れがあるときだけ、食器のように台所用中世洗剤で洗っています。

20160527f.jpg
次にストレーナと呼ばれる金網状のろ過部と、ろ過しやすくするために金網部の詰まりを取り除く外側のワイパーです。ワイパー部は外して水洗いだけですが、内側のストレーナは目詰まりを解消する必要があります。実はこの濾す部分の目詰まりがジューサーの手入れで一番面倒だったりします。

20160527g.jpg
そこで付属の掃除機ぐの登場です。この黄緑のものは、脇ほどのワイパー部のようにストレーナーの外側ににぴったりとはまって、黒いブラシが金網部を外側からこする構造です。

20160527g2.jpg
これをはめて水道水をジャーッとかけながら10秒くらい往復回転させるとご覧のように汚れが取れます。

20160527h.jpg
最後に下部容器です。こちらで一番問題になるのは搾りかすの出口です。ここは圧力がかかって出てくるので、カスは水道水の水流では流れないくらい硬いです。まず付属の掃除用具の柄で大部分を取り除きます。

20160527i.jpg
水洗いする前に裏面のキャップ蓋を外します。これで水が流れやすくなるので水流でジャーっと流します。乾燥後よくこの蓋を閉めるのを忘れるのでご注意を。

20160527j.jpg
全て水洗いして後片付け完了です。手順が多いように思えますが、通常は水道水で水洗いだけなので作業は2、3分程度です。乾燥させる場所はご覧のようにそれなりに必要です。我が家はミキサーでスムージーを作ってデトックスしていますが、リンゴやニンジンなどミキサーでは水分が少ないものはスロージューサーが活躍すると思い購入しました。小松菜などの葉物野菜を少し混ぜるとより健康的です。管理人の戯言ながらここまで詳細にノートしたので、戯言ついでに次回はジューサー最終回「組み立てと違うレシピ」もノートします。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック