職場ネットワークの高速化の壁と通信規格

こんにちは! Benです。以前ネットワークにつながらない事例でハブの故障を挙げました。ハブやLANケーブルの更新で我が小研究所も一部で1Gbps通信(ギガ)対応になってきています。せっかくなので職場全体をギガ対応に…というときに立ちはだかる壁をノートします。

20160515a.png
の周りのPCやNAS、サーバー関係などギガ対応してNASから300MBの動画ファイルをダウンロードするのもほんの数秒です。そして出口に当たるルーターに直結しているハブもギガ対応のもの。となると残されたのはその中継に使っているハブとそれを結ぶLANケーブルを対応させればOK。しかし、そのケーブルが非常に難解です。写真は我が家のものですが、色ろなケーブルがあります。

20160515b.png
LANケーブルにはカテゴリーと呼ばれる区分があります。これにより使用できる通信規格が異なり、結果として速度も異なります。主な通信(イーサネット)規格と速度、対応するLANケーブルの規格を以下に示します。
10BASE-T
速度は10Mbps。ケーブルのカテゴリー3以上
100BASE-TX
速度は100Mbps。ケーブルのカテゴリー5以上
1000BASE-T
速度は1Gbps。ケーブルのカテゴリー5e以上
10GBASE-TX
速度は10Gbps。ケーブルのカテゴリー6以上


20160515c.png
この写真は我が家のもう一つのハブです。2本ケーブルを差していますが、1番ポートはケーブルがギガ対応していますが、その先のハブが非対応なので、ご覧のように通信規格が100BASE-TXのオレンジ色になっています。2番は逆にLANケーブルが非対応なのでギガ通信ができません。ケーブルとハブ、LANカードの全てが対応していないとギガ通信できません。

話は戻って職場のギガ対応ですが、ハブは今結構安いのでその都度買えばOKですが、問題は床下や天井裏を這っているCat5のLANケーブルです。これは設備になるので、お財布を握っている経理に相談しましたが。答えは「今のままで不自由ないので考えていない」とのこと。研究の動画など容量が大きいファイルは経理では使わないし、NASのバックアップとかはが行っているので、ありがたみが伝わらないですね。数十万円程度要するであろうLANケーブルの更新工事を説得するのは難しいです(TT)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック