ビジネスで困るメールの文字化けの原因と対処法

おはようございます。5月病のBenです。時々ですが、ビジネスでもらったメールが文字化けして見られないときがあります。WEBメールでは正常なのがメールソフトでは文字化けしたり様々です。その原因と、が実際している対処法をノートします。

20160509a.png
実際のメールの一部を表示したものです。ご覧のように文字化けしてみることができません。これはWindows Live Mail(メールソフト)で表示したものです。職場のWEBメールでは正常に表示されましたが、そこから転送したメールが、パソコンのメールソフトもスマホのK-9も文字化けします。特定の送信者に見られるのでおそらく送信環境が問題なのでしょう。となれば、根本的な解決は難しく、受け手側は対症療法しかありません。

20160509b.png
メールをテキストエディタで見てみました。するとご覧のようにContent-TypeのところにCharset="UTF-8"があるのに、このメール自体の文字コードはJIS(ISO-2022-JP)です。メールソフトはCharsetを読み取ってUTF-8で表示しているため、JISのメールが文字化けしてしまいます。

20160509c.png
ではこの場合どうすればいいのでしょうか。答えはシンプルで、メールソフトにに「このメールをJISで表示しなさい」と指示を出せばいいのです。具体的にはホームメニューのエンコードを選択し、日本語の自動選択で再認識させると上手くいくこともありますが、どうしてもうまく行かないときは、手動でJISを選択して表示させます。これはライブメールだけでなく、ほかのメールドフトも同様です。

20160509d.png
こうすることで、ご覧のように文字化けが直りしっかりと読める日本語になりました。この文字化けは日本語のみなので、英語のような1バイト文字は普通に読めます。

20160509e.png
ホームページなどは近年、UTF-8に統一する動きが進んでいますが、日本語のメールは少なくともPCはJISがまだ一般的のようです。スマホなどはメールもUTF-8が一般的らしく、が自分のPCあてに送ったメールもご覧のようにUTF-8です。でも、これもメールソフトやテキストエディタでShift-JISに誤認する事例もありました。こちらの場合はUTF-8で表示させるようにするとうまくいきます。このような作業をしていると、なんかメールの文字コードも過渡期なのかな、と感じる今日この頃です。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック