VIERAの探して毎回で登録や録画の問題を解決する

おはようございます! Benです。
前回ノートしたパナソニックのテレビのビエラ(VIERA)とレコーダー(DIGA)を組み合わせることで、ビエラリンクという機能を使えて、その結果、番組を選んで設定するだけで、関連する番組を簡単に自動で録画できる探して毎回という機能が使えることをノートしました。でも、これにも問題があって、実際に嫁が探して毎回で登録できないと悩んでいたのでノートします。

20160428a.png
この探して毎回はテレビ側であるビエラの予約画面で使えます。レコーダー側のディーガにはありません。これは両方パナソニックの製品を買った人だけの特典(囲い込み?)ですね。ビエラのメニューで予約一覧を選ぶとご覧の画面が出てきますが、これは探して毎回ではなく、テレビ側の予約送信履歴の一覧のようなものです。ここで削除しても探して毎回はその後も該当する番組を見つけるとまたここに追加します。また、予約の取り消しはディーガの一覧から削除する必要があります。ビエラからいつも予約している人は注意が必要です。

20160428b.png
リモコンの赤ボタンを押すと、求めていたご覧の探して毎回のリストが現れます。このリストがいっぱいなので「登録できません」が出ていたのです。ここは定期的にメンテナンスが必要です。たとえば、ドラマシリーズが終わったら消すとか、観たい番組が終わったときはここで消す必要があります。実際、今回もドラマなどがかなり前に終わっているのに、そのまま次回未定のまま残っている場合もとても多かったです。

20160428c.png
削除するには黄色いボタンを押すだけでご覧のような確認画面が出ます。この中で「なお、登録済みの予約は削除されません。」の部分は、すでに予約一覧に登録されてしまったもの(ディーガに送信してしまったもの)は削除されず録画されますよということです。

20160428d.png
流れをまとめるとこんな感じです。まずはテレビ側。はじめに予約一覧で表示されるのはレコーダーに送った予約履歴です。探して毎回部隊は番組表からリスト該当する番組があれば自動で一覧に追加され、随時レコーダー側に送られます。そして、レコーダー側の予約一覧は、テレビからとレコーダーのおまかせなどの予約が登録され、この一覧に沿って実際に録画が行われます。不要になった番組はレコーダーの予約一覧で削除すると録画がされませんが、テレビの探して毎回リストから削除しないと、常に予約命令が来るので毎回削除する必要があります。録画不要になった番組は探して毎回のリストから削除するのが大事です。この探して毎回、登録数に限りがあり、上限を超えると登録できなくなります。これが登録できなかった原因です。せっかくの便利な機能なので上手に使って楽しみましょう。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック