レコーダーでは面倒な録画番組編集をPCでやる方法

おはようございます! Benです。前回はブルーレイレコーダーをパソコンで操作する準備まで行いましたが、今回は実際にDIGAで録画した番組をパソコンで編集してみましょう。今回の操作を行うにあたって、前回行ったディーガ本体の設定が必要ですのでご参考ください。

20160425a.PNG
前回は新規だったのでパスワードの設定画面が出ましたが、2回目以降はご覧のようにパスワードを入力してくださいという画面になります。

20160425b.PNG
パスワードが正しいとご覧のDIGA MANAGER(ディーガ・マネージャー)のメイン画面になります。使うメニューは番組編集レコーダー操作です。

20160425c.png
番組編集の画面です。録画した番組が一覧で表示されるので、必要に応じて見終わった番組の消去とタイトル名などの編集ができます。試しに消去をしてみましょう。方法はチェックを入れて消去ボタンを押すだけです。

20160425d.PNG
すると、チャックした番組の数だけ消去しますか? というウィンドウが現れるので実行を押します。

20160425e.PNG
するとご覧のように消去をしています。の画面になりますが、の環境(Windows10+Chrome)だとこの後の消去完了の画面がいつまで待っても出ませんがちゃんと消去されていました。数十秒待っても出ないときは再読み込みとかで作業を継続していいかもしれません。

20160425f.PNG
パソコンでの編集で便利だな!と思ったのが番組名の編集です。シリーズものや通し番号などを付けて番組をわかりやすくしたいときに番組名の編集は欠かせませんが、リモコンで入力するのはとても面倒です。そこでパソコンのキーボードでカタカタと簡単編集。とても便利です。話はかなりそれますが、嫁が独立したタブを作ってほしいというくらい大好きなこの真田丸、間違って消すと恐ろしいことになります

パソコンでは録画モードの変更や動画の移動など細かいことはできませんが、パソコンのほうが便利な機能は積極的に使っていきましょう。レコーダーの操作では録画予約や本体の電源操作などをリモートでできます。次回は、スマホで外出先から録画予約などを行う方法をノートします。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック