VS2015で既定でデザインビューと並び表示にする方法

おはようございます。 Benです。
前回に引き続きVisuak Studioでホームページを作る方法をノートします。

ホームページを作るときに、HTMLのタグを直に編集してWEBサイトを管理するのは結構疲れます。もそうですが、細かい部分を除き、手間にならないようWEBエディタを活用して、タグ打ちや閉じ忘れのチェックなど面倒な手間を書けずにページを作れたらなあ、というのが本音です。

20160408a.png
というわけで、HTMLファイルを開くときに、デフォルトでデザインビューもある並べて表示になるように設定します。まずはメニューのツールからオプションをクリックします。その前に前回行ったHTML(WEBフォーム)エディターを既定値に設定するのをお忘れなく。

20160408b.png
それで出てくるウィンドウから、WEBフォームデザイナーというのを開きます。その枝のルートでも、全般のサブメニューでも一緒ですが、それを開きます。その中の、WEBフォームデザイナーを有効にするにチェックが入っているのを確認後、その下のページを開始するビュー分割ビューにしてOKを押します。

20160407b.png
設定後、反映させるにはいったんVisualStudioを終了させてから再度起ち上げると、ご覧のようにはじめからデザインビューと並んで表示されます。これまで使ってきて、はこのモードが一番使いやすかったです。次回は具体的な入力やタグ打ちをノートします。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック