楽天銀行フィッシング詐欺メールに注意

こんにちは! Benです。昨晩、メールをチェックしていたら、うちの娘の小遣い口座がある楽天銀行からご覧のメールが届きました。楽天銀行のフィッシング詐欺メールによる被害が出ているようです。

20160326a.PNG
まだ、のところにはそのメールは届いていませんが、ユーザーの立場での確認事案としてここでも注意喚起をしたいと思います。もしかしてこのメール自体がフィッシング詐欺? と思って、ソースやらリンクアドレス、ログイン認証の証明書の有無などを確認しましたが、本物のようです(^^;

楽天銀行の注意喚起ページの内容の一部を以下に引用します。
「楽天銀行」をかたるフィッシングサイトにご注意ください
2016年3月25日
「フィッシング」とは、本物のサイトに似せて第三者が作成した偽サイトを使い、ユーザーID・ログインパスワード・ 暗証番号などの個人情報を詐取する犯罪です。
「楽天銀行」をかたるフィッシングサイトが見つかりました。
「楽天銀行」を名乗るメールから偽のサイトに誘導される場合があります。ウェブサイトのアドレスを必ずご確認ください。
※ 現在、この偽サイトでは、ログインボタンをクリックしてもログインはできません。
ただし、こういった偽サイトの場合、サイトの内容が時間とともに変化する場合があります。
十分ご注意ください。
【発見された偽サイト】
■特徴
・アドレス末尾が「rakuten-bank.co.jp」ではなく、「~.org」になっている。
楽天銀行サイトのアドレスは「http://www.rakuten-bank.co.jp/」です。
orgドメインは非営利団体等が使用するものですが、このフィッシング詐欺の人たちは営利網的ではないのかな?…という冗談はさておいて、この手のものはりそな銀行のフィッシング詐欺のようにアドレスを事細かく変えて、次々やってくる可能性があります。また、メール本文やアクセス方法も、以前ノートしたみたいにボタン風にしたり、リンクを偽装したりと小賢しいことをするのでお互い騙されないようにしましょう。

20160326b.PNG
最後に、猛威を振るったりそな銀行のスパムメールですが、3月10日以降は全く来なくなり、ようやく落ち着いたようです。よかった! でも、もしかしたらこの楽天銀行のスパムが猛威を振るうかも もし、スパムメールの現物が届いたらすぐにノートしたいと思います。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック