DLNA利用時の無線LAN通信速度とコマ落ち

おはようございます。年度末の怒涛の報告書類におぼれそうなBenです。

前回はレコーダーの録画番組をパソコンで再生する方法をノートしましたが、その際、ネットワークの条件によってはデータ転送が追い付かず、コマ落ちが生じることがありました。そこで、基本的なことですが、無線LANについて復習したいと思います。

【今回の環境】
レコーダー(DLNAサーバ) パナソニック ディーガ DMR-BWT660
PC(DLNAクライアント) VAIO Duo13 SVD1322
LAN親機:バッファロー WXR-1900DHP
LAN環境 レコーダー:有線1Gbps PC:WiFi 11n(2.4GHzと5GHzを比較)
今回の環境はご覧のとおりです。たまに接続が切れてつながるまで時間がかかることがあるので、PCサイドは2.4GHzと5GHzのどちらでもつながるように設定しています。

20160322a.png
普段は安定の5GHzの11nです。御覧のとおり表示は常に300Mbpsで安定していますが、たまに接続が切れて、再接続に手間取ることがあるので、そのときは2.4GHzを使います。今回は問題なし。

20160322b.png
NASからでかい動画ファイルをコピーして実効速度を見てみると、80Mbps程度でした。でもこれは、VAIOの無線LANデバイスがいわくつきっぽいので、本来のスピードが出ていないのは、このせいかもしれません。

20160322c.png
実際にDLNAで番組を視聴したときのタスクマネージャで見たWiFiの通信量です。再生直後は、おそらくある程度のバッファーを確保するためか30Mbpsくらいでしたが、その後は15Mbpsでほぼ安定、動きが少ない場面は時折少な目の速度になる感じでした。いずれにしても5GHzではコマ落ちは確認されませんでした。ちなみに、DLNAのディーガのデフォルトの圧縮度は5倍で、今回はそのままの設定です。

20160322d.png
次に、2.4GHzです。こちらは、なぜか5GHzよりも突然プッツンすることはないのですが、速度が不安定な感じです。一応接続当初は130Mbps出ているので、先に動画視聴した時のMAXの30Mbpsは余裕でクリアするはず。

20160322e.png
NASからのファイル転送でも5GHzよりは遅いものの50Mbps出ていて何の問題もなさそうでした。負荷がかかったときは安定しているのですが、たまに急にほぼゼロになることがあります。

20160322f.png
DLNAで動画視聴すると、ご覧のように、通信速度が不安定で、時折数Mbpsにまで落ち込み、カクカクとコマ落ちが生じます。

20160322g.png
もしかしてド田舎な我が家周辺が実はWiFi激戦区かも、と思って探索結果を調べてみましたが、御覧のとおりで我が家以外、1件とかろうじて電波あるもう1件だけ。電子レンジのような雑電波発する家電は使ってないし、そんなに干渉による品質低下はないとおもけれど…それともデバイスがよくないのかな? いずれにしても障害物がそれほど多くないのでしたら5GHzを利用したほうが安定した視聴ができそうです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック