レコーダーの録画番組をPCで視聴する方法

こんばんは! Benです。休日モードということで、今回はブルーレイレコーダーとかで録画した番組をパソコンで視聴する方法を紹介します。

【今回の環境】
レコーダー(DLNAサーバ) パナソニック ディーガ DMR-BWT660
PC(DLNAクライアント) VAIO Duo13 SVD1322
LAN環境 レコーダー:有線1Gbps PC:WiFi 11an(表示値300Mbps)
今回の環境です。レコーダーは今回はご覧のですが、その前のディーガも、DLNA機能が付いてて同じようにできました。以前、DLNAについて、後日説明しますといって、忘れててすみません。

DLNAとはDigital Living Network Allianceの略で、パソコン、レコーダー、スマホなどのデバイスを問わずに、動画や写真などのやり取りができるものです。厳密に定めれた規格ではなくガイドライン的なものなので、対応が若干あいまいです。メディアを与える側がサーバ、視聴する側がクライアントです。パナソニックレコーダーのDLNAの商品名がお部屋ジャンプリンクです。

20160320a.png
というわけでまずは、PCをレコーダーにアクセスできるようPCの物理アドレス(正式には無線LANデバイス)のMACアドレスと調べて、レコーダーにアクセス許可する必要があります。Windows10ではスタートボタンを右クリックでネットワーク接続を出して該当する接続をダブルクリック。出てきたプロパティからご覧の詳細ボタンを押します。

20160320b.png
そうすると、物理アドレスと書かれているものがあります。これがMACアドレスです。

20160320b2.png
今回のディーガはご覧のような設定画面です。ネットワーク設定のDLNAの中にあるメニューで、今回のは自動になっていてLAN内全てアクセス許可ですが、その前のディーガは個別に許可設定する必要がありました。というわけで今回はMACアドレスを調べる必要はなかったかな(^^;

20160320c.png
PCアイコンからネットワークのものを探っていくと、レコーダーもありました。そこから動画を見てみましたが、著作権保護、そしてファイル形式がDTCP-IPというもので通常のメディアプレイヤーでは到底再生できるものではありませんでした。

再生できるソフトをネットで探しましたが、POWER DVD ULTRAとかの有料版や、それなりに安いのもあるし無料っぽいのもあるみたいです。でも以前、動画変換のフリーソフトを探したとき、結構な確率でマルウェアに感染しそうになったと同僚から聞いたので、かなり気を付けないと。

20160320e.png
そんな中、VAIOということで、なんかソフト入っているかもと探したところ、ありました! そのソフトはVAIOホームネットワークビデオプレイヤーです。設定とかの簡単な作業は必要でしたが、結構簡単に見ることができました。本来なら数千円から1万円余りのソフトを買わないといけないのに。すごいぞVAIO! ちなみに嫁さんの富士通のノートPCでもやってみましたが、こちらも付属のソフトでテレビを見ることができました。その他の細々としたことも併せて、富士通版を次回ノートします。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック