写真を手軽に修整する方法

おはようございます! フクロウのBenです。

今回更新したホームページでもそうですが、既存の画像をより見栄えするよう加工する技術も必要です。盛り過ぎはNGですが、スマホなどレンズの小さなカメラでは、得てして現実に追いついていないこともあります。そこで、特別な技術もいらないちょっとした方法で画像の見栄えを良くしてみましょう。

20160307a.jpg
これは京都出張の時の写真です。逆光だったので掲載しなかったのですが、これを使って修正していきたいと思います。

20160307b.jpg
修正するソフトは、Adobeの有名なPhotoShopですが、廉価版のElementsです。1諭吉程度で買えます。の自己流ですが、こういう対象物が暗い素材が来たときは、レベル補正をまず行います。



20160307c.jpg
メニュー→画質調整→ライティング→レベル補正でゲージの中間の部分を明るめ=左方向に持って行きます。そうすると、白と黒は変わらずに中間色が全体的に明るくなります。これで対象物が暗いのを多少修正できます。白いほうは多少左にもってきて白く飛ばしてもいいかもしれません。

20160307d.jpg
次に、画像を縮小したりすると多少画像がぼやけてしまうので、画像調整メニューから自動シャープをすると、ご覧のようにくっきりします。ご覧の画像では、特にてっぺんのアンテナがくっきりしたのをお分かりいただけるでしょうか。

20160307e.jpg
これをさらに、画質調整メニューからカラー、色相・彩度の調整、コントラストの調整を経てご覧のような画像になりました。多少わざとらしいかもしれませんが、トップのスライドなどに使うには華やかさも必要です。

20160307f.jpg
比べてみるとこんな感じです。多少空は飛ばしていますが、それほど失うものもなく、かつ建物の赤と樹木の緑が映えるようになりました。ホームページ更新の時、このような作業を延々と繰り返しましたが、中には多少偽造?しなければならないものも 次回紹介したいと思います。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック