便利なリモートデスクトップの功罪

こんばんは! Benです。
は職場にあるサーバが休日に何かあれば困るので、VPN(ヴァーチャルプライベートネットワーク=インターネットなどの公衆回線などを使って、セキュリティ確保の上、職場内LAN回線のように利用)を許可されています。これを利用してサーバの遠隔操作をしています。VPNだけでなくLAN内で別の部屋にあるPCをリモートするときも同じです。

20160306a.gif
とうわけで今回はリモートデスクトップの設定方法をノートします。まずこれは、リモートされる側のサーバ、Microsoft Windows Server2012の例で、デスクトップ上のコンピューターを右クリックしてプロパティをクリックしたときに出てくるウィンドウです。この中で左側のリモートの設定をクリックすると次のウィンドウに移ります。

20160306b.gif
このウィンドウでこのコンピューターへのリモート接続を許可するを選択し、その下の推奨はそのまま、これで設定は終わりです。Serverエディションだけでなく普通にWindows7,8,10でもOKです。

20160306c.gif
こちらは少し古いWindows Server 2008 R2です。基本的には同じでデスクトップ上のコンピューターアイコンを右クリックしてプロパティから行きます。ちなみに、デスクトップにコンピューターアイコンを出している場合の説明ですので、ない場合はメニューからたどる必要があります。

20160306d.gif
2008のほうは、先ほどのネットワークレベルの認証については、サブメニューではなく、メインの選択肢として表示されています。Server2012は機能増強しているものの(安いエディションは)様々な制約があり、シンプルな使い方しかしないとしては、2008のほうが使い勝手がいいかも。

20160306e.gif
リモートされる側の設定が終わったら、リモートする側で実行してみましょう。Windows10だとWindowsアクセサリの中にリモートデスクトップがあります。

20160306f.gif
これをクリックするとご覧の画面が現れます。リモート先は、名前解決やプロトコルが不安定なときがあるのではIPアドレスで指定しています。ユーザー名にAdminとなっていますが、こちらは相手先に登録しているユーザーでしたらなんでもいいです。普段リモート先のPCで直接ログインするときに使っているユーザー名とパスワードを入力すると、同じ権限でいつもどおり使用できます。

これで、目の前にサーバーの画面が現れ、自分のPCのように操れます。違うとすれば解像度がリモートする側のもので表示されるくらいかな? これでサーバに何か不具合が起きても、職場に行くことなく直すことができます。休みの日でも手軽にサーバメンテができる反面、LAN内限定のグループウェアシステムも使えるし、休日でも仕事ができちゃうのもどんなものか(^^;

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック