りそな銀行スパムメール件数推移

おはようございます! Benです。

少なくともに届いているスパムメールなどの脅威を皆さんにお知らせしたく、メニューバーにセキュリティ脅威なうを設置しました。その更新しているうちに、スパムメールにも特徴があるんだな。ということがあったのでノートします。

こんにちは!
最近、利用者の個人情報が一部のネットショップサーバーに不正取得され、利用者の個人情報漏洩事件が起こりました。
お客様のアカウントの安全性を保つために、「りそな銀行システム」がアップグレードされましたが、お客様はアカウントが凍結されないように直ちにご登録のうえご確認ください。

以下のページより登録を続けてください。

https://mp.resona-gr.co.jp/mypage/MPMB010X010M.mp?BK=0010

Copyright (c) Resona Holdings, Inc. All Rights Reserved.
こちらは今まさに問題となっているりそな銀行のフィッシング詐欺メールです。今日も実はきて、中国語の文字コードで来るのでメールソフトによっては文字化けして見れません。GB2312という中華系の文字コードです。

りそな銀行のフィッシング詐欺はこれまでで最も息が長いです。でも上記のように文面は2パターくらいしかなく、ほとんど変わりません。せっかくなのでのところに届いたスパムメール件数をグラフで表してみました。

20160223a.PNG
発生した1月下旬に多いのは普通ですが、そのあと、少しながら続き、2月下旬の今になって、まだ下旬も3日しかたっていないのにすでに2件とまたぶり返してきました。すごい生命力です。

20160223b.PNG
しつこ過ぎると以前ノートしたじぶん銀行のスパムメール件数もまとめてみました。こちらははじめは多いものの20日後には消滅してもう確認できません。他の銀行系も同様です。りそな銀行のスパムメールだけがなぜか息が長いです。

20160223c.png
文面はほとんど変わりませんが、毎回変わるのがフィッシングサイトのアドレスです。ご覧のように見た目は正規のりそな銀行のアドレスですが、リンク先は下のステータスバーにあるセキュア通信もできていない訳が分からないアドレス、おそらくフィッシングです。最近はランサムウェアのように、巧妙にPCに入り込むマルウェアの報告が多いので、その先には立ち入らないことにしますが(^^; 皆さんも気を付けましょう。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック