スパムメールは中国か?りそな銀行のその後

こんばんは! Benです。
この前、りそな銀行のスパムは比較的おとなしいと言いましたが、その後やはりチマチマ来ました。

20160127a.PNG
じぶん銀行の10通からすれば可愛いものですが、4通も来て、うち1通は文字化けしています。

20160127c.png
まずいつものメールです。「こんにちは!」と威勢のいい始まりですが、氏名など個人情報を載せていないです。セキュリティのためにあえて載せない企業もありますが、この場合、わからないから載せれないのですね。いずれにしても、この文章、見飽きるほど来ますね(^^;

20160127b.PNG
そして昨日来たメールは文字化けというか、メール本文がHTMLファイルと認識されてメールソフトでは見れません。

20160127d.png
ブラウザで確認してみると御覧のとおり、文字コードが中国のもの、前のじぶん銀行のときにもありましたが、gb2312の文字コードは中国のモノらしいです。今回もそれで文字化けしてメールソフトでは見れなかった可能性が! そのほか、前から注意喚起をお願いしていたリンクのなりすまし発覚も。アンカータグの<a>でhref指定していますがこれは、クリックしたときどこのページに飛ぶか、という大事な情報です。前のHTML講座で習得したとおり、aタグ内のhrefのアドレスが実際に飛ぶアドレスで、<a>から</a>の間の文字が見かけ上のリンク文字です。通常は見かけ上のモノは「リンクはこちら」とか書いて、hrefでリンク先を指定するのですが、今回のように、どちらもアドレス風にしているのはだまそうとしているからですね。ちなみにリンク先は前と変わっていました。こういう逃げ足はホント速いですね。

騙されないように用意周到にしながら、ネット生活を満喫しましょう(^^)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック