本当にしつこいじぶん銀行のスパム

こんばんは! にわか管理人のBenです。
今日仕事していると、プライベートメルアドにメールが。スマホでも見れるようにしていて、スマホが鳴ったので何かな?と思ったら【じぶん銀行】。もちろんじぶん銀行さんは全く悪くありません。久々にフィッシング詐欺のスパムさんとお付き合いしてみました。

20160120aa.PNG
色々来た銀行シリーズの中でも特にしつこかったじぶん銀行のフィッシングメールを以前紹介しました。それに今回のを合わせて合計10通。よほどうまい汁を吸ったのか、またじぶん銀行です。間に関係ないスパムも入ってますが(^^;

20160120a.gif
文面は全く一緒、そしてリンクの文字のアドレスは正規のじぶん銀行のモノですが、クリックすると飛ぶ先の下のリンクは全く異なります。完全なフィッシング詐欺です。

20160120ab.PNG
その偽物と思われるサイトのドメインをググってみました。もはや日本語でない。やはり中華系か?

20160120b.PNG
ドメインを登録する際、必ず定められた所有者情報などを登録しなくてはいけません。ドメインからそのような情報を調べることができるのがWHOIS検索です。まあ、このようなサイトはまともに登録されていないと思いますが、調べてみるとHICHINA、やはり中華系かな。

20160120c.PNG
見せかけの正規リンクでなく、本当に飛ばそうとしているチャイナサイトも、特に個人の特定がなさそうなので、クリックしてみましたが、ウイルスバスターに止められたようです。強引に表示してもそっくりの偽物ページが出てくるだけですね。ちなみに、アダルトや出会い系などでリンクのアドレスの中に「ID=」とか個人を識別できる引数を入れて、クリックしたのを確認して、「見たのをばらされたくなかったら金払え!」という脅しもあるのでご注意を。また、「ご登録ありがとうございます。ご利用金額は○○万円になります」いうのもありますので、むやみにクリックしない方がいいです。もちろんこの場合、有料というのを利用者が確認できないワンクリック詐欺なので支払う義務はありません。

20160120d.PNG
結局、バスターさんに止められたアドレスは中華ではなく英国のようですが、もはや実態はつかめません。まあ、いろんなところを転々としてだまそうと画策しているのでしょうが、その知識をいいことに使えばきっと役に立つし、働き口も見つかると思うのですが。

情報は漏れてからでは遅いので、日ごろから気を付けるのが一番ですね。もそれを肝に命じて・・・今日は疲れたのでおやすみなさい



(追記)たった今、またじぶん銀行のなりすましメールが届きました。
今度の誘導アドレスはvtion.comです。
皆さま騙されないようにお気を付けください。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック