VBA15_肝心カナメの条件分岐(If文最終)

おはようございます フクロウで管理人のBenです。

前回は条件分岐の2回目でIf~Then~Elseを復習しました。今回はIf文の最終回です。前回の例では、銭湯に行き、男性だったら男湯へ、そうでなかったら女湯へ・・・でしたが、世の中の性別はそれ以外にもあるかもということでした。

20151114a.png
これはそういう場合のフローチャートです。まず銭湯に行き、その人が男性だったら男湯に、そうでないときもし女性だったら女湯に、そうでもないときは利用できないので銭湯を出てくださいというものです。

20151114b.png
このとき使うのがご覧の構文です。前回から新しく出てきたのは「ElseIf」ですね。これはElseそのほかの」と、Ifもしもがくっついたもので、そのほかでもしもという意味合いです。

If S=“男性” then
  range(“A1”)=“男湯へどうぞ”
ElseIf S=“女性” then
  range(“A1”)=“女湯へどうぞ”
Else
  range(“A1”)=“ご利用なれません”
End If

実際のコードです。変数Sに男性か女性かもしくはそれとは違うものを事前に代入してあるします。もし、男性だったら男湯へ、そうでなくて女性だったら女湯へ、その他は利用できなく銭湯を出る。というものです。アクティブシート(今表示しているシート)のA1セルに条件分岐したそれぞれのメッセージが表示されます。

このときElseIfは何個でも構いません。たとえば年齢を変数iとして例を示します。もし(If)未成年(i<20)だったら、でなくもし(ElseIf)20代(i>=20 And i<30)だったら、でなくもし(ElseIf)シニア世代(i>=60)だったら、それ以外(Else)だったら、などとさまざま組み合わせできます。

Ifステートメントはこれでひとまず終了です。次回はもう一つの条件分岐です。そして条件分岐まで終えるとちょっとした小技プログラムを作れるようになります。まずは次のSelectステートメントですね

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック